米国株の先物が暴落、まだ安全でない!

はじめに

今日は素晴らしいニュースが出たはずです。
アメリカの議会が新しい支援策を合意しました。
なのに、DOW JONESの先物、S&P500の先物は両方とも下がっています。
これはなぜなのかを分析して、これから続くのかを解説したいです。

ニュースを見る

ニュースは2つあります。
1つ目はアメリカの議会が新しい支援策を合意したことです。
2つ目はイギリスやヨーロッパの感染状況です。

アメリカの議会が新しい支援策を合意した

1つ目の良いニュースからです。
これは90兆円くらいの支援策が合意されました。
3月の規模の半分くらいを給付するようです。
アメリカがこれをやるとなると、もしかしたら日本もまた給付するかもしれません。よくアメリカやヨーロッパがやることを日本はコピーするんです。
この支援策によって多くの人が救われるということです。

イギリスやヨーロッパの感染状況

イギリスの新規コロナ感染者数

イギリスは今とても感染者数が増えています。
昨日にもビデオ(コロナ変異種がロンドンで感染拡大、3回目の都市封鎖で株価の影響?)を出しましたが、変異種が出ているようです。
また、イギリスはそれだけでなく、ブレグジットのニュースもあります。
まだ協議しているんです。12月の終わりに離脱するのにまだ貿易協定を結んでいません。
マーケットは不透明な状況が大嫌いなんです。

その影響でヨーロッパの株は大きく下がっています。

イギリスの方も下がっていますが、クレイジーに下がっているわけではありません。

ヨーロッパに大きな影響があり、それがアメリカ株に影響を与えているんです!
経済対策が合意されたのに下落するということが起きているんです。

この下落は続くのか?

続くのかどうかを調べるために色々見てみました。

S&P500がのポジションを分析

初めに見るのはポジションです。

S&P500の先物の純投機を見てみたんです。
アメリカ株で一番大きな先物はS&P500です。
ここを見ると特に過大評価されているわけではありません。

Asset Managerの機関投資家の方も見てみると特に大きく過大評価されているわけではないです。

S&P500の空売り比率を分析

S&P500のETFの空売り比率も見てみましたが、今は19.07で少し高いです。
ここを見ても過大評価されているようには見えません。

S&P500のオプションを分析

S&P500のインプライドボラティリティも見てみると。
ここは少し低いです。

S&P500のSKEWも低いです。

なので、コロナの前くらいまで戻っているのでPutオプションを買っている人があまりいないのは確かだと思います。

VVIX / VIXを分析

僕が見てみて一番面白いと思ったのはボラティリティの世界です。
VVIX / VIXは前から言っていますが、これは時々アメリカの株式市場より前に動くんです。

ここを見てみると、今日はかなり大きなギャップダウンになっています。12%下落していました。
これは久しぶりです。

僕は今日の分析の中で一番重要な部分はここだと思います。
ここを見るともしかしたらホンモノかもしれないという感じがします。
ここは12時間くらい見てみましょう。これからどう動くのか。
もう少し数日間見るべきだと思います。

SKEWも短期的に見てみる

S&P500のSKEW指数というものがあるのですが、ここも今は少し高いんです。
だから、Putオプションを買っている人が少しいるのかもしれません。
ただ、前の8月の終わりとかを見てもSKEWはあまり当てにならなかったような気がします。
8月の終わりの場合だと、1か月後くらいにS&P500が下がっていたので先行指数になっている可能性もあります。

ただ、僕はVVIX / VIXの方が先行指数だと思います。
ここが大きなギャップダウンがありました。

しかもVIXも今はMACDがスムーズに上がっています。

だから、アメリカ株はここ数日間で少し危ないような気がします。

僕の意見

長期的なおすすめ

長期投資

長期積立投資に関しては何も変わらないと思います。

短期的なおすすめ

短期

短期的なおすすめ、特に年末の間に関しては。

VVIX / VIXがどうなるのかに興味があります。
今日は大きなギャップダウンになっています。
大きなギャップダウンの理由はVIXが大きく上がったからです。分母が上がったら数字が下がります。

今日はVIXが13.54%上がっているんです。

だから、恐怖がマーケットに急に出てきたということです。
そしてそれはヨーロッパから来ています。
ワクチンが配布されているのに恐怖が出ているということはたぶん、数週間したら収まるはずです。
だけど、今のところチャートは恐怖を示しているのでここから1日、2日でどうなるのかを見ないといけないです。
僕だったら短期的には新しく株を買うのはもう少し待ちます。
空売りはおすすめできませんが、もう少し状況を確認するために待ちます。
心配なのは、アメリカのラッセルが下がり始めたんです。

前にも言いましたが、これがかなり50日移動平均線から離れているんです。
ラッセルはアメリカの中小企業でリスクが高いものです。
なので、このチャートがもう少し下がってほしいです。
50日移動平均線にもっと近づいたら投資をしても良いかもと思うかもしれません。
今はMACDも突き通ったばかりです。
だから、アメリカ株に対しては今は買うべきタイミングではないと思います。
数日間待つのがおすすめです。
まだ、アメリカ株の方向性は決まっていなくて、短期的に安全ではないと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
本を出したのでぜひ読んでください。(下にリンクを付けておきました)

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です