FXトルコリラ、ETFに比べるとまだ安い!金利上げで上昇は続く!

はじめに

トルコリラ!
トルコの中央銀行で利子を上げました。
2%という大きな上げ幅でした。
これによってトルコリラがまた上がっています。ドルリラが急落しています。
まだ、ドルリラは下がり続けると思うのでそこを解説します。

ニュースは何があったのか

このニュースでは、トルコの中央銀行が200bps(2%)利率を上げたということです。
これはインフレ対策でやっていると思います。
トルコのインフレ率は長年高かったんです。

トルコのインフレ率

しかし、中央銀行は利上げをしてきませんでした。
なぜかというと、利上げをすると経済に影響があるからです。

トルコの利子

今のところは17%ですが、トルコにとってはまだ低金利なんです。
今のところは20%以上まで上がるという期待が入っています。

利子を上げるとFX(通貨)は強くなるんです。
なぜかというと、利子を上げるとその国の債権や通貨を買うインセンティブが高まるからです。

テクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンドピボットポイント分析等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

ドルリラのチャートを分析する

今は7.56834です。かなり下がっています。
ヘッドアンドショルダーになっているようにも見えます。
そして、久しぶりに100日移動平均線を切っています。

ドルリラはずっと一方通行で上がっていたんです。
ドルリラが上がるということはドルが高くなって、リラが安くなっているということを指しています。

久しぶりに100日移動平均線を切ったので僕はこれは強い傾向だと思います。

ボリュームは低いですが、今はクリスマス時期という影響もあると思います。

MACDを見ると12月17日くらいから新しい下落のモメンタムが始まったと思います。
RSIは今は34で低いですが、30をまだ突破していないので過小評価ということはないと思います。

ボリンジャーバンドを見ると、今はまだ幅の中ですが幅が広くなってきているのでボラティリティが大きくなっているということを示しています。

ドルリラのチャートを見るとまだまだ下がれるように見えます。

ドルリラを分析する時にはドル建てのトルコETFを分析する

しかし、僕がトルコリラを見る時にはトルコのETFを見るんです。
ドル建てのETFはよくドルリラと逆変動の相関がとても強いんです。

何を言っているの?と思う人もいるかもしれませんが。

ドルリラというのは、ドル / トルコリラ なんです。
TURというのはトルコの株のETFです。ここは実はドルが分母なんです。
トルコの株 / ドル なんです。

よく新興国では株式市場はFXと一緒に動いています。
なぜかというと、FXは債権と一緒に動いて全部一緒に動いているんです。全部リスク商品なんです。
アメリカみたいな先進国だと国債は安全商品ですが、新興国では国債などでも株と同じようにリスク商品とみなされているんです。
兎も角、ここは逆相関しているんです。

ドルリラが上がっている時に、ETFは下がっていたんです。
ドルリラが上がっているということはトルコリラが売られているということです。
トルコリラが売られている時にはドル建てのETFも売られているということなんです。
なので、ドルリラの方向を見る時にはドル建てのETFも見るべきだと思います。

これは、トルコだけではなく新興国のFXを見る時にはよくすることなんです。

なので、TURのチャートも見るべきです。

このチャートは強く上がっているチャートです。

さらに、大きなWの形もあります。

WはWin、勝つ!!!んです。

なので、長期的にTURは上がり続けると思います。
ゴールデンクロスになっているようにも見えますが、少し違います。ゴールデンクロス、デッドクロスについては説明を本に書いているのでぜひ見てください(下にリンクを付けておきました)

長期的には上がると思いますし、短期的にもモメンタムが上がるということが示されていると思います。
MACDが上向きになっています。
RSIも72で上向き方向に上がっています。

ボリンジャーバンドは今、高いことは高いです。
一時的に今は過大評価されている懸念があります。

僕だったらTURを買うより、ドルリラを売ります。
なぜなら、ボリンジャーバンドがドルリラの方では突き抜けていないんです。

僕の意見

長期的なおすすめ

長期投資

長期積立に関しては、長期投資の中にFXは入れるべきではないと思います。
でも、トルコのETFのTURは入れても良いかもしれないです。

短期的なおすすめ

短期

短期投資に関しては、ドルリラを売り続けて良いと思います。
TURがボリンジャーバンドを突き抜けているのに、ドルリラがボリンジャーバンドを突き抜けていないということはもしかしたら裁定取引のような機会があるかもしれません。
なので、FXの方が下がるというところが統計的に出ている気がします。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です