日本の現預金は大問題、1901兆円の家計資産が未来のカギだ!

はじめに

2021年のゴールは何なのか?

日本の現金危機、我々に影響のある危機かもしれません!
これは、家計の金融資産が過去最高の1901兆円になっているという記事がありました。
そして、恐ろしいのが現金の割合で1034兆円ということです。
まだあなたが投資を始めていない場合はこれを見てください
今日のニュースを解説して、海外の状況と複利についても解説をしたいです。

ニュースを見る

今回のニュースはこれまでも聞いたことがある、日本人が預貯金が多いということです。
中を見ると9月末の家計の金融資産の合計が1901兆円ということです。
ここまでは問題ないです。
しかし、現預金の残高が1034兆円になっているということです。
半分以上が現金です!
ここがとても大きな問題だと思います。
現金が97.4兆円、預金が937兆円ということです。
預金は銀行に預けているものでほぼ0%の利子がもらえるものです。
これが日本の大きな金融の問題だと思います。

なぜこれをとても重要だと言っているかというと。

例えば、日本と米国とヨーロッパで比べてみると。
家計の金融資産の構造を見ると、日本の現金・預金の比率は54.2%なんです。
ヨーロッパだと34.9%で、米国だと13.7%です。

だから、全然違うんです。

株式に投資している割合は10%以下です。
米国だと32.5%で、ヨーロッパだと17.2%です。
他の部分はそれほど違いがありません。

なぜ日本人は現金・預金にお金を投資しているのか?

なぜ日本人は現金・預金にお金を投資しているのか?
これも投資なんです。
お金をただずっと何もしないままにしておくことも投資なんです。
これも日本人が知っていないことだと思います。
現金・預金に投資をしているということはインフレが起きないということに賭けているということになります。
インフレになると現金・預金の価値が下がってしまいます。
なぜなら、周りの物価が上がってしまうからです。
これは、日本の過去のGDPやインフレ率の歴史がそうさせていると思います。

これらはほとんど止まったままなんです。
30年くらいあまり変わっていないんです。

だから、実際にここ20年、30年くらいの日本人の日本国内に対する投資の態度は効率的だったんです。
ただ、大きな問題は金融リテラシーがとても低い国で日本だけに投資ができると思いながら、日本の状況だけを踏まえて、デフレがあって物価も上がらないから、現金・預金にすれば良いじゃん!という考え方は国内だけの投資のやり方しかわからないというのが原因だと思います。

預金・投資に投資を集中するのはリスク!複利効果を見よ!

だからこそ、日本の現金・預金危機!と言っています。
金融リテラシーの問題です。
現金・預金に投資をするのはすごいリスク!
現金・預金以外に投資をしないというのがすごいリスクだということを説明したいです。

一番重要なのは複利効果というものです。

この複利のパワーはすごいんです。
毎月1万円(100ドル)の投資を続けていて6%の利益が出れば30年で1000万円になるんです!!
ものすごく大きな効果が出るんです。
6%?何言ってるんだよ!こんなのできない!と思うかもしれません。
日本株じゃなくて、外国の株に投資をすればできるんです!
だから、ここは金融リテラシーだけの問題です。
・口座の開け方がわからない
・株というものが何なのかがわからない
・日本以外の株に投資するのが怖い。

この3つの問題さえ解決すれば、現預金に投資をする人なんかいなくなると思います。
そして、複利効果に関しても30年間も待ちたくない!という人もいるかもしれません。
ここは実はこのサイトで全部自分で計算することができるんです!
これはパッと検索しただけですが、色々なウェブサイトがあります。
利率はどれくらいで、何年積み立てて、毎月いくら積み立てるのか、元々いくら持っているのか?などを入力したら計算してくれます。

例えば、アメリカ株の平均のパフォーマンスは6%から7%くらいなんです。
だから、6%とかで運用することは可能です。
そこから課税されたりしたとして5%で考えたとしても毎月5万円を投資し続けたら20年後には1200万円くらいの金額になるんです。

毎月5万円を積み立てて、クレイジーではない平均的なパフォーマンスで見てみてもこのような大きな金額になります。

預金しているということはすごく無駄なことなんです。
一番大きな人生の無駄遣いは実は投資をしていないという日本人だと思います。
複利効果と投資の基本とやり方を習えば、あなたの長期的な人生は変わるし年金問題もなくなるということをぜひ覚えておいてください。

特に世界的に若い世代(ミレニアル世代)18歳から37歳の人がアメリカと欧州ではたった23%の人が興味を持っています。
ここは他の年代の人たちが30%以上に比べて低くなっています。
なので、日本の場合だと投資に関心を持っていないというのはほとんどみんなだと思います。
ここを変えてください。
そして、2021年にもあなたは投資を続けてください。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です