日経平均、オプション需要が11年ぶりの低水準、強欲のサイン?

はじめに

日経平均のリスクヘッジの需要が減っている!
これは強欲のサインなのか?
この点について解説したいです。

記事は何なのか?

日経平均のリスクヘッジ需要が急減している

この記事では、日経平均のリスクヘッジ需要が急減しているということが言われています。

日経平均のオプションの総建玉が2009年以来の低水準になったということです。

建玉というのは生きている契約です。
このチャートではCallオプションとPutオプションを合わせた建玉が今歴史的な低さなんです。

建玉が歴史的な低さになっているということはどういう意味なの?

SQという大きな期限末後に建玉が113万枚と大きく落ち込んでいるといました。
これはアナリストによると参加者がオプションのポジションを取ろうとするのはレンジ相場の場合と急落リスクが高まるの場合の2つの場合にオプションのポジションが大きくなると言っています。

これはだいたい合っていますが少し捕捉します。

まず、レンジ相場になる時はオプションを売る人が売りやすいんです。マーケットがクレイジーに動いているとオプションを売るというのはリスクが高くなります。
オプションを売る人たちはオプションを使ってほしくないんです。
オプションを売る人はオプションを使われないというところに賭けているんです。
つまり、マーケットがあまり動いてほしくないんです。
マーケットが動くと権利を使える確率が高くなってしまいます。
なので、レンジ相場はオプションを売る人にとっては良い環境でオプションを売る需要が出るので、オプションの出来高が大きくなります。

また、急落リスクが高まるの場合というのはPutオプションを買う需要が高くなるんです。

今は2番目の急落リスクが高まる場合という方がもっと重要だと思います。
今はそのリスクがあまりないので需要が低くなっています。

グラフを見るとこのオプションの総建玉が上がり始めたのはリーマンショックの後からなんです。
だから、僕はそれほどマーケットの方向とはそれほど関係ないと思っています。

2009年から2012年の後半くらいまではレンジの中だったんです。
だから、オプションにとっては良い相場環境だったんです。
先ほどの1番目のようにオプションを売りやすい環境だったんです。

その後急激に上がっていって、レンジ相場ではなくなってオプションを売るには少し難しい相場環境になったのでオプションの総建玉も減っていきました。

しかももう1つのオプションが増える急落のリスクもなくなったのでオプションの需要が無くなってきたと思います。

別にマーケットが上に行くということや、下に行くということには関係がなく、マーケットのボラティリティと関係があってこういうことが起こっていると思います。

僕の意見

実際に今は強欲的なのか?

今はたしかに建玉のポジションは低いです。
この理由はマーケットが上がっているからだと思います。

今はアベノミクスが始まったころと似ているような上がり方をしていると思います。
コロナ後から上がってきています。
今は上がっていましたし、レンジ相場でもないです。
だから、強欲とは思えないと思います。
少しだけは強欲かもしれませんが、それほど強欲とは言えないと思います。

日経平均の機関投資家のポジションも見てみると今は高くないんです。

純投機の方を見てみても今は高くないです。

つまり、日経平均のポジションは低いと思います。
そして、日経平均は先物で動いていると思います。

なぜなら、日経平均の先物は世界で3番目の大きさの商品だからです。

ポジションが低い中で動いているのはアメリカ株との相関係数の影響で動いていると思います。長期的に相関は強いんです。
だから、日経平均がこれからどうなるのかを見るのはアメリカの株式市場を見ることが必要かなと思います。

今のところは日経平均とS&P500の相関係数は高いです。
なので、アメリカ株を見れば強欲かどうかが分かると思います。
ぜひ、もう1つのアメリカ株のビデオ(ウォール街で「投機的な狂乱」が起こっている)を見てください。

日経平均にどのように投資をすれば良いのか?

今回紹介した記事はたしかに面白いと思います。

そして、たしかに今はオプションの総建玉数も少ないです。
オプションの契約がそれほど残っていないということはインプライドボラティリティも低いということで、今はオプションを買ったり売ったりするのは良い時期かもしれないです。

なぜかというと、今はやっている人が少ないからです。
需要が少ないということはプレミアム(費用)が低いんです。
だから、オプションを比較的にもっと安くできます。
具体的にはインプライドボラティリティとスキューのビデオを見てください。
なので今はもしあなたが経験がある人だったらオプションを触っても良いと思います。

今は日経平均が少し上がっていて、年末の方向性が少しわからなくなっています。
なので、Putオプションを少し買って保険を入れても良いかもしれません。

今はこれをやっている人が少ないと思うので保険を買うタイミングとしては安くて良いと思います。

もしあなたが初心者だったらやらないでください。

今はまだ方向性が決まっていないのでこういう時には保険を少し入れても良いと思います。
初心者だったら短期投資のポジションを少し縮小しても良いかもしれません。

長期投資に関しては特に関係ありません。
投資を続けてください。投資をしないというのが一番のリスクです。
投資をしないことは一番の機会損失だと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です