【絶対買うな】危険な5つの銘柄

はじめに

絶対買うな!!5つの株!!という面白い記事がありましたので解説します。

今は2020年に良かった株、悪かった株、2021年におすすめの株、おすすめしない株などの記事がたくさん出ています。
これはとても重要なんです。どのようにマーケットが考えているのか理解するんです。
マーケットというのは人々です。それを理解することが重要なんです。

取り上げられている5つの銘柄

この記事で書いてあるのは以下の5つの銘柄です。
Doordash(DASH)、Zoom Technologies(ZM)、Aphria/Tilray(APHA、TLRY)、Airbnb(ABNB)、Uber Technologies(UBER)

これらの銘柄を1つ1つおすすめしない理由を見るのと、チャートを分析したいです。

Doordash(DASH)

まずはDoordashです。
ここは日本の皆さんはあまり知らないかもしれませんが、Uberと同じようなビジネスモデルで出前などに重心を置いた企業です。

ここですごいのは時価総額が5億円くらいになっているんです。
今はUberの半分も突破しています。
DoordashはUberと同じように利益があまり出ていないにも関わらず、規模の経済も働いていないということです。
規模の経済とはビジネスが大きくなるほど1つ1つの費用が下がるということです。
Uberは徐々にこの規模の経済を発揮してきたのですが、Doordashはまだ全然そのような状況ではないということが記事の中では指摘されています。

チャートを見てみると。

DoordashはIPO以降一方通行で下がっています。

期間が短いのでテクニカル分析をすることは難しいのですが、ボリュームを見てわかることは売りのボリュームの方が大きいんです。
だから、この株にはまだ売り圧力はあるかなと思います。

Zoom(ZM)

記事に書いてあったことは、Zoomは素晴らしいビジネスモデルですが2つ大きな問題があると言っています。
1つ目はコロナがこれから収束して多くの人が在宅勤務をやめてオフィスに行くようになるということです。
2つ目はZoomのビジネスは色々な会社が真似をできるということです。
特に今はマイクロソフトとGoogleがこのビジネスに大きく入ってきています。

Zoomは最近下がっています。
頭と肩2つがスムーズに当たりました。
この下がる傾向は止まらないようにも見えます。

赤い頭と肩2つと紫の大きな頭と肩2つがあります。
今は大きな頭と肩2つの右肩の部分になっています。
だから、今はすごく危ない状況です。

ボリュームを見てみると今はたしかにボリュームは下がっていますが、世界中のどんな株でも今はボリュームが下がっているのでそれほど関係ないと思います。

MACDは明らかに下がるトレンドです。

RSIも下がるトレンドになっていて、中期的なトレンドを見るとそれぞれのトップは前のトップより下になっています。

ボリンジャーバンドを見ると今は幅の中です。

これはどこを見ても危なく見えます。
ただ、長期的に見るとたしかにGoogleとマイクロソフトも入ってきていますが、Zoomを1回ダウンロードして使い慣れている人たちはそれほど多くGoogleやマイクロソフトに移らないと思います。
ただ、在宅勤務をやめるところは影響があると思いますが、既にそのような情報は株価に織り込まれていると思います。
なので、買うことはおすすめしませんが、売ることもおすすめしません。

Aphria/Tilray

次はAphria/Tilrayです。これから合併する2つの企業です。
これはマリファナの株です。
マリファナの株はアメリカでは何年かの間人気になっています。
ここで大きな懸念はまだアメリカでは合法化されていないということです。
連邦的には違法です。
ただ、州毎のルールで使っても良いとしている州もあります。

チャートを見ると長期的には下落しています。
だから、チャートを見るとたしかに危ない状況ではありますが、ここはかなり下がっているんです。
そのため、僕から見るとすごい危ない状況には見えません。だから、この記事の指摘には同意できません。

Airbnb(ABNB)

Airbnbはたしかに素晴らしい会社なんです。
しかし、Airbnbの価格はクレイジーに感じます。
時価総額は9兆円、10兆円近くなっています。
これを他の大きなホテルの会社とかと比べてみると。

Marriottが4兆円、Hiltoが3兆円、Host Hotels and Resortsが1兆円、Hyattが7000億円程度になっているんです。
これらを全部合わせた時価総額よりもっと高くなったのでクレイジーだと言えると思います。
たしかにクレイジーだとは思いますが、Airbnbはほとんどのホテルビジネスを破綻に追い込んでしまうと思います。
日本でももっとこれから使われるようになるはずです。
これは別の話としてAirbnbのチャートを見てみると。

下がって上がって下がっています。
ここは年末にかけて売り圧力が強くなってきている、Doordashと似ているように見えます。
だから、これは利益確定をしている人が多いのではないかと思います。
ここも僕は少し危ないと思います。

それぞれIPOの株にはエネルギーがあるんです。そして、自信過剰になりやすいんです。
感情がすごく多く入るんです。
だから僕はその感情が収まった頃に入ることをおすすめしています。
短期的にはノータッチで様子を見るべきです。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です