香港の仕組み商品500銘柄が上場廃止、チャイナモバイル株を買う?

はじめに

香港の株や中国の株に対する大きな影響があるニュースが発表されました。

ニュースを見る

アメリカの銀行が香港で仕組み商品の500銘柄を上場廃止するというニュースです。
これからどのように日本人としてどのようにお金を作るのかをアップデートしたいです。

ニュースの内容としては、大きな投資銀行(ゴールドマンサックス、JPモルガン、モルガンスタンレー等)が色々な商品を香港から上場廃止したということです。
これは中国人民解放軍に関連する企業への新規投資を禁じる大統領令が11日に発効したことを受けての対応になっています。
リストの中には色々なものがあると思いますが、大きな影響を受けるのはチャイナモバイル、チャイナテレコム、チャイナユニコムなどの通信会社です。

11日に発効だったので、アメリカで取引されていたADRの上場廃止は行われました。

CHLやCHAは上場廃止されていて、もう買えないです。

CHL(チャイナモバイル)の香港市場でのチャートを見てみると。
これはずっと下がっているんです。

チャイナテレコムも香港市場ではずっと下がっていました。

チャイナユニコムもずっと下がっていました。

ここはずっと下がっていて、これからどうなるのか?と考えると面白い状況だと思います。

特に日本人に対しては大統領令は関係ないんです。
なので、それぞれの株の状況を見てみましょう。

チャートを確認する

チャイナモバイル(941)

チャイナモバイル

チャイナモバイルを見ると面白いです。
2日前の上場廃止直前には大きな売り圧力が出ていました。
しかし、その次の日は買い圧力が出て上昇していたんです。
MACDも上昇の傾向を示していて、RSIも上がっている傾向です。

ボリンジャーバンドも一時的に幅から出ましたが、今は幅の中です。

まだ、面白い投資対象かな?と僕は思います。

チャイナテレコム(728)

チャイナテレコム

チャイナテレコムも見てみると、同じようなチャートです。
ボリュームは同じようになっていて。
ここからどうなるのかということですが、このMACDは合っているのでしょうか?

MACDはMACDで下がっているトレンドになっています。

RSIも38です。
ここはどうなるかわかりません。
かなり今はボラティリティが大きいので状況が見えないです。

チャイナユニコム(762)

チャイナユニコム

ここは美しいチャートです。
同じように大きな売り圧力が出ていて、MACDは上昇トレンドになっていてRSIも50を超えていて上昇トレンドです。

この3つを見るとチャイナユニコム(762)が一番面白く見えます。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

長期的なおすすめ

長期投資

今回紹介した会社は素晴らしい会社です。
素晴らしいというのもそれぞれかなり配当が高いです。

941

941は配当利回りが7.41%です。
これはただ安いという意味だと思います。
だから、僕は今日紹介した企業は3つともちょこちょこ買うのが良いと思います。

チャートとしては762が一番良かったです。

762

配当利回りが3.45%ということなので、それほど買う圧力が機関投資家から来ないかもしれません。
僕が良いと思うのは3つとも買いながら、941に少し集中させるのが良いかもしれないと思います。

これは長期でも短期でもどちらでも良いと思いますが、長期的にこれらの会社は破綻しないと思います。
今はこれらの株を買う素晴らしいチャンスだと思います。
こういう株に投資をするためにこそ、海外の証券口座を作ってください。(【知らなきゃ損】証券会社の選び方は商品による!)
皆さんにチャンスを逃してほしくないです。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です