日経平均、来週はどれだけ下がるか?

はじめに

金曜日は色々とマーケットが動きました。
DOW JONESの先物がマーケットが閉まった後まで考えると1%くらい下がりました。
日経平均も来週開く時には少し下がって危ないかなと思うので解説します。

何が起こったのか?

今日はアメリカの市場が下がりました。
下がり方を見て懸念すべきだと思っています。

チャートを見るとギャップダウンが起きました。
それほど大きくはないのですが、少し懸念するべきだと思います。
しかも金曜日に起きていて、金曜日は色々なニュースがあったりしてボリュームが大きく金曜日にどう終わるかは僕の経験上重要です。
金曜日に起こることは月曜日によく影響します。

今日はアメリカの株式指数が下がり、貴金属と金融と原油も下がりました。
どのチャートでも包みキャンドルを見ることができます。

月曜日の日経平均はどうなるのかを考える

月曜日を予測する時には終値からどれくらい下がったのかを測ることが重要です。
だから日本時間の15時以降でどれくらい下がったかを測ります。
今見ているのは5分足ですが、アメリカ時間が閉まる前の最後の30分で勢い良く下がったんです。

実はこれはDOW JONES、S&P500、NASDAQなども同じように動いていました。

DOW JONESの先物も同じように動いていた。

S&P500の先物も同じように動いています。

NASDAQの先物も同じように動いています。

色々同じように下がっていたんです。
日経平均に話を戻して、日本の取引時間が終わってからどれくらい動いたか見てみましょう。

日経平均は日本時間の15時以降で1.03%動いたんです。
そのため、今のところ月曜日に日本株は1%くらい下がることが予測されているということです。

ここを見て僕が懸念するのはもう少し細かいところです。
コモディティが下がっていたんです。
コモディティが下がるということは何が起きるかというと、日本のコモディティに関する株が下がるかもしれないことを示唆しています。

そして、日本には直接コモディティ株というのはあまりないのですが、影響があるとしたら商社とかに影響があると予測します。

三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅などの5つの株に売り圧力が来るかもしれません。

また、原油株の国際石油開発帝石にも売り圧力が来るかもしれません。

そして、アメリカの方で銀行株が売られていたので日本の銀行株(1615のETF)にも売り圧力が来るかもしれないです。
なぜ売られているかというと、決算が発表されたからです。
そちらの解説もしているのでぜひ見てください。

セクター的には今紹介したようなものが売られると思います。

他にも気になるのは、ソフトバンクとファストリテーリングです。
日経平均の中でもウェイティングが大きいんです。
この2つはアメリカ時間でADRで取引もされています。

ファストリテーリングのADR

ファストリテーリングのADRは5%下がりました。

ソフトバンクのADR

そしてソフトバンクのADRも2.3%下がっていました。

なので、経験から考えると日経平均は1%くらいは月曜日には下がると思います。

TOPIXは銀行株なども多いので1%よりもっと下がるかもしれません。

これからどこまで下がるのか?

日経平均の先物のPivot Point分析を見てみると、次のサポートラインは28008でほぼ28000です。
たぶん、そこまではいきやすいレベルだと思います。

もしかしたら、28000のレベルを来週テストするかもしれません。

もし28000を割ったら次のPivot Point分析のサポートレベルは27696なので、27700というレベルになります。

27700までいくとしたら4%くらい下がる可能性があるということです。

これは懸念するべきです。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

長期的なおすすめ

長期投資

今回の話は長期積立とはそれほど関係がないと思います。
ちゃんと続けてください。

短期的なおすすめ

短期

短期的には少しヘッジを入れるべきだと思います。
売り圧力はすぐには消えないように見えます。

EWJというアメリカで取引されているドル建ての日本株のETFは1.7%下がっていてそれほど小さな下がりではないです。

DXJというアメリカで取引されている円建ての日本株のETFも1.5%下がっています。

だから、売り圧力はそんなに簡単に消えることはないと思っています。
こういう時にはヘッジを入れるべきで、日経平均のETF(1321)を空売りすることがおすすめです。

それか、TOPIXのETF(1306)を空売りしても良いと思います。

僕だったら1306より1321を空売りしてヘッジをします。
なぜなら、日経平均の方が50日移動平均よりもっと離れているように見えるからです。
どちらも離れているのでどちらでもそれほど問題はないと思います。

これを短期的に空売りして資産を守ってみても良いと思います。
トライしてみて経験を得てみても良いと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です