日経の世論調査結果、85%がお金に不安

はじめに

マーケットというのは人々の感情で動くと思います。
日経新聞で世論調査が行われ、色々なことが指摘されていたので紹介したいです。

今回見るのは数字で見るリアル世論調査という記事です。

コロナの影響について

この記事を見ると、コロナで制約を受けている人は60%程度いて、コロナの生活への影響はどれくらい続くかという回答に2~3年くらいという回答が一番多かったです。

これを見るとまだコロナを心配している人が多いです。
ワクチンの配布は始まっているのですが、日本での接種が始まっていないのでそれを感じていない人が多いということだと思います。
これは日本でも来るのは確実ですが、ニュースを信じていなかったりする人が多いということでもあると思います。

景気や暮らしについて

身の回りの景気については60%の人が悪いと感じていて、71%の人が1年前より悪くなっていると感じています。
あなたの暮らし向きはという質問に関しては「変わらない」という人が多かったです。
そして、半年後の暮らし向きも「変わらない」と考えている人が一番多いです。

半年後の土地や株式の価値については多くの人が「減る」や「変わらない」を選択していて「増える」を選んだのはたった5%だけでした。

この記事を見ていたり、高橋ダンさんのビデオを見ているということは他の人の考えとは違う考えをたぶんしていると思います。
だから、一歩先を進むことができていると思います。

日用品の価格に関する調査も1年後の日用品の価格が上がると考えている人が69%ですが、年々その比率は下がっています。
これは海外で調査をしたら上がると考える人がもっと大きいと思います。

世帯の収入に関しては「変わらない」と考える人が多かったです。

転職に関しては「希望していない」という回答が69%になっています。
ここも不思議な所です。日本の転職率はG20の中で一番低いんです。
転職という考えがもう少し浸透しないといけないと思います。

雇用環境に関して1年前と比べて悪くなったと考えている人は急激に増えました。

モノやサービスについて

実店舗のネット通販の利用はどちらが多いのかについては実店舗の方が多いという回答が68%でした。

マネーについて

将来のお金の不安を感じるという人が85%です。
お金の運用は70%が預貯金です。
これはすごくショックです。

日本の株は30年間上がっていないですが、投資の世界はもっと広いんです。
投資の世界は日本だけでなく、アメリカ・欧州・途上国などにも投資をすることができます。

政治について

菅内閣を支持するとしている人は49%です。
政治への意識が低いというのは34%です。
日本の経済力をどう評価するかという質問に関しては、「強くも弱くもない」という回答が多くて、「弱い」という回答が増加しています。

僕の意見

僕が一番目についたデータは将来のお金について不安を感じる人が多いということと預貯金で持っている人が多いということです。
そして、日本の経済が弱いというように考える人が多くなってきています。
経済に不安を感じているということはまだ株価などは上がることができるということです。
そして、預貯金に多く入っているものを投資に回さないといけないと思っています。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です