日本株の下落、続くのか?今月の予測?

はじめに

今日は日経平均が1%くらい下がりました。
これはアメリカの金曜日の株式市場が下がった影響だと思います。これは先週にビデオ(日経平均、来週はどれだけ下がるか?)にした考察通りだと思います。
これからどうなるのかを予測して解説したいです。

マーケットをレビューする

アメリカ株式市場は金曜日に下がりました。

そして、その後S&P500の先物が下落していたので月曜日の日経平均にも影響があるのではないかと考えていました。

S&P500の先物

S&P500の先物を日本の市場の終わった時間からアメリカ市場が閉まった時間までの下落率を見ていたんです。
そして、日経平均がどれくらい下がるかを考えて見た時0.7%くらい下がるかなと思っていたんです。
もしかしたら、もっと多く下がるかもしれないと思っていました。
なぜならNASDAQの方が多く下がっていたからです。
日経平均はTOPIXと比べてハイテク株が多いんです。
だから、日経平均が1%くらい下がり、TOPIXはもう少し下がりが弱いかもしれないと考えていました。

こういうように予測をしていたので、皆さんもぜひこのように日本株を見通してみてください。

今日起こったことは、TOPIXが0.6%下がり、日経平均が1%くらい下がりました。
完璧に当たるわけではないですが、短期的にアメリカ市場の動きを見て日本市場の動きを予測することができるかもしれないです。

テクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンドピボットポイント分析等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

日本株を見る

今日の結果は金曜日のアメリカ市場を見て思っていたほど日本株は下がりませんでした。
その理由を分析していきましょう。

今日はJASDAQはほとんど下がっていませんでした。

マザーズは1.5%上がっていたんです。

この2つがすごいと思います。

マザーズは一番ハイリスクな投資先です。中小企業は大手企業に比べてハイリスクです。
ここに対して買い圧力がまだあったということで、それほど弱くなかったと感じました。

マザーズを細かく見る

もう少し細かく分析していくと、MACDは下がるトレンドになるかと思ったらならなかったんです。
RSIも57でまだ上がっている傾向です。

なので、マザーズを見ると長期的な下落トレンドを脱却してまだ上昇続けているので大丈夫なように見えます。

セクター毎にも見ていきましょう。

セクター毎や個別的に見る

金曜日にアメリカ市場で一番下がったセクターを覚えていますか?
エネルギーとかコモディティや金融のセクターです。
なので、日本株もそれらのセクターは下がるかなと予測していました。

日本の金融株のETFを見ると今日は1.5%下がりました。
ここはだいたい予想通りです。
アメリカの金融のセクターが1.6%くらい下がっていたのでほぼ同じです。

また、コモディティが下がっていたので商社も下がるのではないかと予測していましたが、こちらも下がりました。
三井物産だけは今日少し強かったです。あまり下がりませんでした。

他のものも見てみると。

トヨタも今日は1.25%下がりました。
ただ、ボリュームはそれほど大きくないです。

ソフトバンクも見てみると、0.18%だけ下がりました。
たぶん、ここはAlibabaが金曜日に強かったからだと思います。

Alibabaは金曜日に少し上がっていました。

そして、大きなファストリテーリングです。
これははっきり言って、日経平均と同じように動いています。

ファナックも売られていました。
しかし、ボリュームはそれほど大きくないです。

今日はどこを見てもボリュームはそれほど大きくないです。
今日上がっていたところが面白く、REITです。

REITは0.9%上がりました。

だから、今は下がっているトレンドですが中期的や長期的に見ると買いだと思います。
詳しくは昨日のビデオを見てください。

日本株のETFを見る

ETFも見てみたいです。

一番大きな野村のETFを見てみると。
売られたことは売られたけどボリュームが小さいです。

TOPIXのETFもとてもボリュームが小さいです。
ほとんど取引されませんでした。

マザーズの方のETFも普通です。

なので全体的に見てみると出来高がほとんどなかったです。
売り圧力はそれほど日本ではなかったように感じます。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

長期的なおすすめ

長期投資

長期的には特に関係ないです。
7割から9割の資産を積立続けてください。

短期的なおすすめ

短期

短期的には3割から1割の資産で短期投資をしてください。

どれくらい下がるのか?

下がりはアメリカから始まった下がりでアジアはただ反応しているだけです。

なぜかというと、S&P500のETFはボリュームが大きかったんです。

DOW JONESはまあまあでした。

そして、NASDAQもまあまあでした。

アメリカの中小企業のIWMも少し大きかったんです。

アメリカはS&P500とIWMが大きかったんです。
そこを見るとアメリカの動きによってまだ市場は動くのかなと思います。
そして、アメリカには売り圧力が少し残っているような気がします。

S&P500のETFの空売り比率を見ると今は11.3なのですごい低いわけではないです。

アメリカの市場で売り圧力があったら本当に日本に関係があるのか?

金曜日の動きと月曜日の動きを見ると明らかにあると思います。

それと、アメリカ時間で取引されている日本株のETFのEWJの空売り比率を見るとここも普通です。

しかし、DXJという日本円建てのアメリカ時間で取引している日本株のETFは空売り比率が急に上がったんです。
これはほぼTOPIXと同じと考えて良いです。

だから、アメリカ時間で下がりがあったらまだ日本株にも影響があると思います。
そして、僕の予測だと数日間は売り圧力はあるのではないかと思います。

急には消えないと思います。
ただ、大きな下がりではないかもしれません。

もしS&P500が50日移動平均線のところまでいくとしたら、2.5%ほど下がります。
2.5%下がるというのは今週中ではなく、今月中くらいにはあるかもしれません。

そして実際にアメリカ市場でその下落があった場合には日経平均も3%くらい下がるのではないかと思います。
そうしたら日経平均は27400くらいのレベルになるかもしれません。

これが起こるのかはまだわかりませんが、株価を注意して見てまた動いたら分析するのが良いと思います。
今は様子を見ましょう。

今はコモディティとコモディティに関連する商社に気を付けた方が良いと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!
ぜひ、英語動画も見てください。

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です