【今買うとヤバい】バリュエーションが高すぎる銘柄?PERに注目するべきか?

はじめに

バリュエーションが高くて避けるべき株という記事がありました。

記事を見る

記事は米国株の避けるべきリストです。
まずは医療関係のIdexx Labs(IDXX)とDexcom(DXCM)です。
なんだこれは?と思いましたが、チャートを見てみましょう。

DXCMを見る

DXCMは今逆さまのカップウィズハンドルのような形をしています。
なので、最初に見た感じだと少し危なく見えます。

ボリュームを見ると今は特別ではないです。

MACDは一応下がっている傾向になっています。
なので、モメンタムは今下がっています。

RSIは50以上なのでこれは上がるトレンドです。

MACDとRSIのトレンドが違うので見極めが少し難しいです。

EMPHとNOWを見る

次に取り上げられている銘柄を見てみましょう。
Enphase Energy(EMPH)とServiceNow(NOW)です。

EMPHは急上昇しています。

MACDは下がっている傾向で、ボリュームを見ると売り圧力はそれほどまだ来ていません。
RSIはまだ50を切っていませんが、下がる方向に動いています。

ENPHのRSIの形はDXCMのRSIの形と違います。DXCMは上がる形になっていて50以上になっていました。
ENPHは下がる形で50以上なので、ENPHとDXCMのRSIは全然違うと思います。

ENPHは避けるべきだと思います。

NOWはMACDが上がり始めていて、RSIも上がり始めています。
NOWは上がる傾向ですが、決算が近いのでその理由で避けるべきだと思います。

TSLAを見る

他には、TESLA(TSLA)もバリュエーションが高い株として取り上げられています。

TSLAはずっと急上昇していて、最近下がるモメンタムになっています。

ボリュームを見て、売り圧力は特に来ていないんです。
MACDは下がる傾向で、RSIも今までがすごく高いところにいて下がってきたので少し危なく見えます。
決算も27日で近いのでそこを見るべきだと思います。

BAを見る

最後に挙げられているのはBoeing(BA)です。

BAは今ちょうどこれからMACDがどちらの方向へいくのかを決めるところです。
ただ、今はまだ決められていないです。
ボリュームも少ないのであまり関心がないということだと思います。
RSIも50を切っているので、モメンタムが少し低いような気がします。

BAに関しては、今まで紹介した銘柄と違う理由でバリュエーション(PER)が高いと言われていると思います。
BAは利益が下がったことが理由だと思います。
他のものは価格が急上昇したからPERが高いと思います。
それぞれは全然違います。

PERは本当に重要な指標か?

今回見ていて重要だと思うことは、PERが高いということだけを考えると危ないということだと思います。
重要なのはPERが高い理由です。

また、利益が出ていなくてPERが出ていない株もたくさん入っています。
そういうような株も記事には取り上げられていませんでした。

そのため、こういうものを信じることはいけないと思います。
ただ、読むことによって考え方を学ぶことはできると思います。市場というものは皆の考えによって作られます。
だから、皆の考えていることを学ぶことは重要です。

そして、PERを元に今回の記事の中でバリュエーションが高いものを抽出していましたが、PERが出ていない株もたくさんあります。
そのため、PSRの方をもっと重視するべきだと思います。PSRはPERよりもっと重要だと思います。

今は売上を設備投資などに再投資してあまり利益を出さない良い会社もたくさんあります。
PERというのは古い伝統的な考え方なので、今はテクノロジーの時代で急上昇をする会社は設備投資に回すのが良いと思います。
なぜなら、マーケットのシェアを取ることがとても重要だからです。
だから、僕はPERをそれほど重要視はしていません。これは過去の会社だと思います。
利益を出していない会社には投資をしないというのがウォーレン・バフェットの考え方で、もちろんウォーレン・バフェットは素晴らしい投資家です。

ただ、過去の50年の素晴らしい投資の考え方とこれからの50年の素晴らしい投資の考え方は違うものになると思うので、その見極めをすることも重要です。

僕はPERより、PBR・PSRの方が重要だと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です