【テンバガー】10倍株を見つける方法 2020年の銘柄を分析

はじめに

10倍株!
以前にもビデオにしました。(【誰でもできる】10倍株を見つける3つの投資戦略!)
どうやって10倍株を見つけるのか?
今回は10倍株の銘柄を17個取り上げた記事がありました。
そこを紹介しながらどういう株が10倍株になるのかを解説したいです。

記事を見る

記事はTesla以上に上昇した17つの銘柄という記事です。

ここで面白いのは、ほとんどの会社が10倍株に上がった今でも10億ドル以下のものが多いです。
10億ドルというのは1000億円くらいです。

だから、ここで並んでいる銘柄は大手株ではなく中小株です。
これがとても重要な所だと思います。

10倍株はテスラみたいな大きな会社が多くなるのではなく、小さな会社がなりやすいということです。
大きな株は10倍株にとてもなりにくいです。テスラは異例です。
ここがまず認識しないといけないことです。
中小株に投資をすることは大手株に投資をするよりリスクが高いんです。もちろんリワードも大きいです。

それぞれのチャートを見る

今回は17つの銘柄を早く確認するためにボリュームとMACDに特に注目して見ていくのが良いと思います。

NVAX

NVAXを見ると、ボリュームが急に増え始めて大きなギャップアップもありました。
MACDももちろんあがっていましたが、ギャップアップを見つけることがもっと重要だったと思います。
急上昇しているようなチャートを見る時には通常のMACDの設定12,26,9では役に立たないんです。
なので、MACDの設定をもっと大きくするか週足のチャートで見ることによって長期的なトレンドを見つけることが必要だと思います。

BLNK

次にBLNKを見ると、ここも急にボリュームが上がりました。

MACDも見ると、1回目の上りと2回目の上りがありました。
そして、それぞれの時にボリュームも上がっていました。

VXRT

VXRTを見てみると、1回の上昇しかありませんでした。
急上昇して下がりました。
これは今まで見た2つとは少し違う状況です。
長期的に上がっているわけではなく、一時的にすごく上がっただけです。
そのため、VXRTはそこまで良い投資先には見えません。

BEEM

BEEMを見てみると、これはものすごい上がり方です。
このチャートにも大きなギャップアップがありました。

ギャップアップをしてRSIが急上昇して、少しRSIが落ち着いた時に掴むのが最初の方の上昇は逃していますが、良いと思います。

RIOT

次にRIOTを見てみると大きなギャップアップは最後の方に起きていたので少し難しい銘柄ですが、序盤のマウスの辺りにもギャップアップがあったんです。
なので、その後に入ることができたかもしれません。

CRDF

次にCRDFを見てみると、急上昇した後に下がっています。
なので、大きく上がってもすぐ下がる銘柄もあるということです。
特にこの銘柄に関してはボリュームが大きくなったのが一時的なものだったんです。
なので、あまり良い長期的な投資先には見えません。

KIRX

KIRKはものすごく上がっています。

ここまで見ていて傾向が少し見えてきました。
ボリュームがすごく上がった週の後に一時的に下がるんです。
その時にトレンドに乗るというのが良さそうです。
ただ、頂点まで上昇した後に急に落ちるような銘柄もあるのでタイミングを取るのは少し難しいんです。

GNPX

GNPXを見ると、急上昇した後に下がっています。
ギャップアップの後に上がってもすぐに下がってしまう銘柄もあります。

MARA

MARAはかなりスムーズに上がっています。

VERI

VERIは1回目の上がりと2回目の上がりがあります。
1回上がって、徐々に下がって2回目の上がりがあるようなパターンもあるようです。

PLUG

PLUGは下がりが全然なく、上昇が続いていました。

CELH

CELHもほとんど下がりがありませんでした。

CODX

CODXは上昇と下落を繰り返して、今は下落しています。

NLS

NLSは上昇して12月くらいから売られています。
特別大きなボリュームは見当たらないです。

GRWG

GRWGはボリュームが大きい日がありその後に波に乗ることができました。

WTRH

WTRHは大きなボリュームが序盤にありました。
40セントくらいから4ドルくらいまで一気に上がって下がって、その後に上がり始めました。
この株はかなり怖いです。

僕の意見

実際に起こったことを見てみてパターンを考えてみると。

まず、こういった株を見る時には週足のチャートを見た方が良いということです。
日足だとトレンドを掴むのが少し難しいです。

もう1つは、週足のボリュームにも注目をすることが重要です。
ただ、ボリュームが急上昇した週に買うことは難しいので、次の週のボリュームが下がった週に買うのが良いと思います。

また、上がり方のパターンというのは色々あってとても難しいです。
そのため、トレンドに乗って買った後に見極めるのはテクニカルだけでは難しいです。
なので、ファンダメンタルの世界も重要になります。

僕だったら1つの10倍株を見つけようとするより、10個の2倍株を見つけることが良いと思います。
1000%上がる株を見つけるより、100%上がる株を10個見つけるんです。
つまり、分散させるんです。
1つに一片に10倍株を見つけるのは統計的に難しいです。
そして、これは長期的に取り組まないといけないです。

だから、多様化したポートフォリオを作り徐々に資産を大きくしていくんです。
1000%を一気に作らなくて良いんです、10%とか100%とかの銘柄を複数見つけて長期的にあなたの資産を10倍にすれば良いんです。

なので、そのやり方も検討してみてください。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です