強欲が高い、日本株も2月中に気を付けるべき

はじめに

今は強欲が高まっているということを色々な指標が示しています。
また、2月の平均的なパフォーマンスを見て、少し危ないかな?ということも解説したいです。

記事を見る

強欲を示しているというような記事もありますし、ブルームバーグの新興国の強欲指数もあります。

この指数を見ると今は2011年以来のとても高い値になっています。
この指数は、買う圧力 / 売る圧力のデータを元に集計したデータになっています。

なぜ、新興国株に注目をしているかというと、新興国株は中小株と似ていてリスクがもう少し高いんです。
リスクが高いということ自体は悪くありません。リスクが高いということはパフォーマンスも時々高いということです。

そのリスクが高いようなところに強欲があると、世界の株に対して強欲があるかもしれないということを考えることができます。

だから、新興国株に対して今は少し強欲出ているということがまず最初に伝えたいことです。

今は強欲さが強い?

次は強欲が本当に出ているのかをアメリカ株を見てみたいです。
アメリカ株は世界で一番大きな株式指数です。

CNNの恐怖と強欲指数を見ると。
前までは50くらいでしたが、今はまた強欲のところに来たんです。
計算の仕方についてはあまり合意していないんですが。(以前の考察ビデオ:アメリカ株価は危険?強欲指数が92%!)

この2年間では株価と一緒に動いている傾向が強いです。
ただ、期間が短いのでこれを信頼して良いのかは難しいです。

また、計算の仕方の中には社債や国債の項目もあるのですが、そちらは入れるべきではないと考えています。
これらは中央銀行の影響がものすごく大きいです。

ただ、他の計算を見ると。

125日移動平均線からどれくらい離れているのかを見ると、今はかなり離れていますし。

どれくらいの株がニューヨーク取引所で1年の中での最高値を超えているかという指標もすごく高いです。

今はボラティリティは普通です。

全体的に見てみると、今は少し強欲があるかなと思います。

2月は歴史的にパフォーマンスが弱い

次に見たいのは、February Effectという2月によく起こることです。

アメリカの株式市場のパフォーマンスを歴史的に見ると、11月・12月・1月が一番強いんです。
そして、ここまでの6か月はマーケットの歴史と同じように動いています。

そして、歴史的には2月は比較的にパフォーマンスは低いんです。
今年は歴史通りに動いているので、歴史通りにいったら2月は少し下がるかなという感じがするので注意するべきだと思います。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

今のところは強欲が少し高いです。
そして、2月のパフォーマンスは歴史的に低いです。
これを考えてあなたのポートフォリオをどうするべきなのか?

長期的なおすすめ

長期投資

長期的なポートフォリオでは赤の部分をちゃんと残しておいてください。
今はローテーションして赤の部分を少し増やしても良いかもしれません。

短期的なおすすめ

短期

短期的な部分も今は少し気を付けた方が良いと思います。
なので、ヘッジを入れても良いと思います。
特に1月には急上昇したものがたくさんあります。

そのため、2月は少し下落トレンドになるものも多くなるかもしれないと思っています。
なので、気を付けてください。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です