テンセント11%急伸、香港市場も急上昇!

はじめに

香港株は今クレイジーです。
テンセントという大きな株が11%も上昇しました。

香港市場全体でもよく上がっています。
これが続くのか?
短期的に過大評価なのかを解説したいです。

記事を見る

香港市場が上昇して、テンセントがよく上昇したことが記されている記事があります。
なぜ上昇したのかということが重要だと思います。
テンセントが急上昇したのは、Callオプションの大購入があったことが大きかったと記されています。
Callオプションの大きな買い圧力に気づいたアルゴリズムや機関投資家が買い始めたんだと思います。

それだけでなく、シティーグループもテンセントのプライスターゲットを876香港ドルに上げたんです。

このような色々なことが重なって急上昇しました。

テクニカル分析

※チャート分析についてわからないことがある場合

MACDRSIボリンジャーバンドピボットポイント分析等のテクニカルのやり方をがわからなかったり復習したい場合は過去のビデオを見て下さい。投資のスタンスに関しては、長期投資について短期投資についてシャープ・レシオについても見て下さい。

チャートを見る

今回はテンセントとハンセン指数の両方を見ましょう。

テンセントは買う圧力がとても大きいです。
これが続くのかということを考えると、今はボリンジャーバンドの幅を飛び出ています。
そして、買う圧力は大きいですが、ボリュームがクレイジーなわけではありません。
なので、買う圧力が続くかどうかは疑問です。
ボリンジャーバンドの幅を少し出ているので次の日は少し下がる確率があると思います。

MACDはスムーズな上昇トレンドです。

RSIを週足で見てみると。
今は高いことは高いですが、もう少し高いところまで行くことは可能です。

テンセントはかなりアメリカの市場でも取引をされているので、空売り比率も見てみたいと思います。

今は空売り比率は普通です。
だから、少し過大評価されているかもしれませんが、クレイジーには過大評価はされていないと思います。

次にハンセン指数を見てみましょう。ハンセン指数の中でもテンセントは大きなウェイトを占めています。
だから、もちろんテンセントが動けばハンセン指数も動くと思います。

例えば、FXIというETFがありますが、これはハンセン指数とよく一緒に動いていて、これもテンセントが大きなウェイトを占めています。

ハンセン指数の先物を見ると、今は29902です。
買う圧力はクレイジーではなかったです。
ボリンジャーバンドはバンドにずっとくっついています。

50日移動平均線からクレイジーに離れているというわけではないです。
でも、今はかなり離れています。
しかも30000香港ドルは以前にもピークをつけたような大きなレベルです。
これを突破するのはそんなに簡単ではないかもしれません。

MACDを見ると、トレンドは上昇トレンドです。

RSIは76です。
RSIの頂点は84でした。

しかし、週足で見るともっと高いところにいった時がありました。

これはもう少し分析するべきだと思います。

空売り比率を見る

アメリカ市場の大きな香港のETFのEWHの空売り比率を見ると。

今は普通です。

もう1つの大きなETFのFXIを見ると。

ここも普通です。

特に大きく動いていないです。

オプションの世界を見る

オプションの世界を見てみると。

EWHのインプライドボラティリティ

EWHのインプライドボラティリティはすごくボリュームが上がっています。
これは21日で香港で上がる前にボリュームが上がっていました。怪しいね~。

FXIのインプライドボラティリティ

FXIのインプライドボラティリティを見るとこちらはボリュームが特に上がっていませんでした。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

ここまで全部見て、香港の株式市場は上がり続けるのか、バブルなのか?

長期的なおすすめ

長期投資

長期的に香港株は緑の部分に入れるべきだと思います。
なぜかというと、長期的なチャートで見ると香港株は大きなフラッグパターンの中にいて、今抜け出たところだと思います。

だから、香港株は長期的に上がり続けると思います。

短期的なおすすめ

短期

ただ、短期的には過大評価の側面もあるかもしれません。
特に上がっている理由がCallオプションで、その期限が木曜日に切れるものです。
これはギャンブルです。
だから、理由が浅いので短期的には下がる確率はあると思います。
なので、短期口座の方では焦って香港株(2800、FXI、EWH)を買う必要はないです。
だから気を付けてください。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です