日本株、まだ危ない!

はじめに

1月27日のマーケットはアメリカについては各指数が上がっています。

ヨーロッパも少しずつ上がっています。

今回話したいのはアジアの株が回復が続くのか?暴落が終わっていないのか?を解説したいです。

マーケットを振り返る

最初にアップデートをしましょう。
株式市場は上がっていました。
株式市場だけでなく、ドルも下がっていました。
ビットコインは7%くらい回復していました。
アメリカ国債のイールドも回復がありました。
金はほとんど動いていなく、銀・プラチナ・パラジウムは上がっていました。
銅も回復しています。

しかし、ここで面白いのはエネルギーです。
以前に説明したようにエネルギーは下がっているんです。(コモディティ、下落リスク高まる)

農業商品も上がっていたり下がっていたりしますが、下がっているものが多いので面白いです。

VIX、VVIX / VIXを分析する

マーケットは色々動いていますが、まず最初に見たいのは昨日見たようなVIXです。
今は29まで下がりました。

昨日時点で37.2だったのが29まで下がったのですごい下がりです。
これがここからどうなるのかということは重視するべきだと思います。

そして、僕がよく見るVVIX / VIXのチャートですが、このチャートはマーケットの先行指数の役割をしています。
このVVIX / VIXは4.96%という少しだけの回復でした。

株価の方は大きく回復していましたが、この先行指数を見ると大きな回復はなかったんです。
だから、危なく見えます。

MACDの下がり方もまだ下がりが終わっていないように見えます。
MACDの下がりトレンドが始まったのはつい最近です。
そして、RSIも50を切っているので今回はちゃんとした下落トレンドです。

ボリンジャーバンドも幅の中には戻っていますが、本当に少しだけしか戻っていません。
つまり、これはあまり上がりたくない状態に見えます。

ハイテクと中小企業のセクターは危ない

これだけでなく、セクター別にも見てみると。
今回の発生点はハイテクだと思っていて、やはりハイテク(QQQ)に関してはあまり回復もありませんでした。

また、中小企業(IWM)もほとんど上がっていないのでこの2つに売り圧力があるように見えます。

ハイテクが下がると日本株にどのような影響を与える?

なので、ハイテクと中小企業に売り圧力があるとしたら日本株にどのような影響があるのかを考えてみましょう。

昨日の日経平均は1.53%下がり、TOPIXは1.14%下がりました。

日経平均はソフトバンクとかのウェイトが大きいのでハイテクと連動が大きいです。
TOPIXは一番大きなウェイトが銀行とか自動車会社とかです。
なので、日経平均の方がハイテクの動きに関しては敏感(センシティブ)です。

NASDAQと日経平均の相関係数

NASDAQと日経平均の相関係数は今かなり高いです。

NASDAQとTOPIXの相関係数

これをNASDAQとTOPIXの相関係数にすると、相関係数はかなり下がるんです。

だから、今回はNASDAQなどのハイテクが発生点だと思うので、NASDAQのチャートを見ないといけないと思います。

そして、NASDAQ(QQQ)のチャートを見ると、今日は回復しましたがボリュームが小さいです。
昨日の売り圧力を見ると回復した日のボリュームの倍です。
だから、数日後に上がるとは考えにくいです。

以前のボリュームを見てみると、以前の売り圧力は今よりずっと大きいものだったんです。

でも、今は売り圧力があってMACDも急に下がっているトレンドになっているので慎重に見るべきだと思っています。

半導体も危なく見える

そして、もう少し見ないといけないのは半導体だと思います。
今は半導体も危険だと思います。

半導体のETFのXSDや。

同じく半導体SOXXを見ると。

かなりの売り圧力で売られているんです。

なので、ハイテクも危なく見えますが、半導体も危なく見えます。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

長期的なおすすめ

長期投資

今はハイテク株を持っているとしたら、縮小してローテーションをします。ローテーションやリバランスの違いがわからなかったら本を読んでください。(下にリンクを付けておきました。)
ローテーション先はコモディティの金が良いと思っています。

短期的なおすすめ

短期

短期的には半導体の株は下がると思いますし、今クレイジーに上がっているゲームストップの株も下がると思います。
ビットコインももう少し下がると思いますし、ハイテク株も下がると思います。

その影響で日本株も下がるとしたら日経平均が危ないと思います。
そして、その中でも日経平均の上位の銘柄が特に危ないと思います。
例えば、ファストリテーリング、ソフトバンク、東京エレクトロンなどは危ないと思います。

東京エレクトロンのチャートを見るとすごく危なく見えます。
大きなボリュームが出ていて、4.62%下がっていました。
ただ、40000円にいくまでにかなりまだ残っています。
なので、本当に危ない世界だと思うので気を付けてください。

日本株も米国株もまだ下落は終わっていないと思います。
それが僕の見解です。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です