ヘッジファンド、過去最悪の日から一転!

はじめに

今週は個人投資家 vs 機関投資家でした。
何が起こったかと言うと、数日間でヘッジファンドはかなりお金を損しています。
なので、そのことについて解説したいです。

記事を見る

今日のテーマに関連するもので一番面白いと思った記事はこちらです。
ヘッジファンドのお気に入り銘柄連動ETF(GVIP)が4%上昇したということを指しています。
GVIPとはヘッジファンドがよく取引している50銘柄を採用しているものなんです。
もちろん、ヘッジファンドもすべてを公開しているわけではないので、完璧にヘッジファンドが取引をしているものと連動しているわけではなりませんが、ゴールドマンサックスが分析した結果ヘッジファンドがよく取引しているとしている50銘柄が採用されています。

実際にGVIPを見てみましょう。

これは50銘柄入っていますが、かなり分散されている良いETFです。

イールドは0.12でかなり低くて、管理費用は0.45%なのでそれほど悪くはありません。

記事では、このETFに上昇が見られたということを言っています。
この理由として、ヘッジファンドへの懸念が薄くなったということが言われています。
個人投資家によって上昇させられていたゲームストップ(GME)は一時68%程度下落し、それに呼応するようにGVIPも上昇しました。

ゴールドマンサックスの分析によるとゲームストップはヘッジファンドによる空売りが多かったということですが、これは事実だと思います。
他の記事も見ていましたが、2兆円くらいの損をゲームストップの空売りによってヘッジファンドが出しているんです。
ヘッジファンド業界はゲームストップが下がる時に利益が出ているということだと思います。

チャートを見る

GVIPのチャートを見てみると。
長期的にはS&P500に連動しているように見えます。

そして、短期的には下がっているように見えます。
MACDもRSIも下がっている傾向です。

ボリュームもバカでかいです。

このボリュームが大きいというのは、このETFを売り買いしている人が多いというわけではなく、ゴールドマンが最近のゲームストップのような激しい動きに対応してETFを整えるために起こったものだと思います。
ETFというのは、構成銘柄のウェイティングを守らないといけないんです。
なので、その理由でたぶんボリュームが急上昇したんだと思います。

そして、このGVIPがS&P500に対してどのような動きをしているのかも見てみたいです。

GVIPとSPYの相関係数

GVIPとS&P500の相関係数を見るとほとんど同じように動いています。
だから、GVIPとS&P500のどちらを買ってもほとんど同じです。
これが怖いと思います。

この4年間ではGVIPの方が少しだけS&P500より高いパフォーマンスになっています。

僕の意見

GVIPは先ほども見たようにS&P500とほとんど連動しています。

日足で見ても連動性はほとんど変わらないんです。

今はS&P500が下がる方向に向いていて、これから下がると思います。
そして、ゲームストップはこれからも下がるかもしれません。
だからと言って、GVIPが上がるわけではないと思います。たしかに短期的にはゲームストップが下がった時にGVIPが上がりました。

そして、今日はGVIPが1.4%ほど下がっていて、ゲームストップが67%ほど上昇していました。
そのゲームストップの理由でGVIPが下がっているという人もいるかもしれませんが、関係ないと思います。
一時的にETFを整える時にゲームストップの割合を変えないといけないですが、それはほとんど関係ないと思います。
歴史的にS&P500と連動しています。

だから、GVIPもゲームストップが下がるから上がるというわけではなく、S&P500と同じように動くかなと思います。

僕が伝えたいのはゲームストップのようなものに投資をしないでください。
これはギャンブルなので、悪いものに投資をする癖をつけないでください。
当たるかもしれませんが、いつか外れて財産を失うというようなことも事例として聞いているので気を付けてください。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です