世界相場はメチャクチャ、大暴落は来週に起こるのか?

はじめに

アメリカのマーケットはかなり下がりました。

ここが怖いのは金曜日の動きももちろんですが、マーケットが終わってからのアフターアワーの動きです。
マーケットが閉まってから下がり続けていたんです。
今はゲームストップの70%の上昇などメチャクチャな相場になっています。
なので、ここを分析してアメリカ株が来週にどうなるのかを解説したいです。

VIX、VVIX / VIXを見る

今日はマーケットを幅広く見ていきたいです。

まずはVIXを見るとまた10%ほど上がりました。VIXはS&P500の30日の未来の変動率です。恐怖指数と呼ばれています。
これがまた、高いところに上がりました。

VVIX / VIXはVIXの変動率 / VIXです。
詳細を知りたければぜひ新しい本を読んでください。KADOKAWAから出ている本です。(下にリンクを付けておきました)

ここを見るとかなり下がっています。

VVIX / VIXを長期的に見るとコロナショックと比べてまだ下がるところは残っています。
ただ、コロナの前までは戻っていないのでコロナショックのような30%みたいな大きな下がりはないと思います。
なぜかというと、コロナショックの前までに戻っていないからです。
VVIX / VIXの値が7とか8だったらやばいと思いますが、今はそうではないです。

VIXを見てもコロナ前までは戻っていないので、株式にまだ恐怖感は残っているんです。

なので、大きな大きな下落はないように思っていますが、もう少し分析をしましょう。

全体として、何がどう動いたのか?

次に色々なものを見ていって何が動いたのかを見ていきたいです。

ドル

ドル円を見ると今は長期的な下落トレンドをブレイクしそうです。今日ビデオを作ったのでそちらも見てください。

他に面白かったことはドルが多くの通貨に対してドル高になっていたにも関わらず、ドルユーロはほとんど動いていなかったんです。
だから、ドルが安定していたのでビットコインも上がりやすかったと思います。ビットコインはドルに対してネガティブに動いているので、ドルが上がるとビットコインは上がりにくいです。

国債

他には国債の利回りも大きな上がりではありませんでしたが、少し上がっていました。
これは株が下がるときはだいたい一緒に下がるのですが、上がりました。

逆に国債は株が下がるときには上がるはずなのに、一緒に下がっていました。

この国債に関する動きも面白いです。

貴金属

貴金属の金を見ると今日は少し上がっていました。
アフターコロナの最強の投資先は金だと思っていて、金の本も書いたのでぜひ読んでください。(下にリンクを付けておきました)

銀はかなり上がっていましたが、少し怪しいです。
プラチナはほとんど上がっていなかったので、銀だけが上がるのは怪しいです。

今日の相場の動きはメチャクチャです。
普通相関しているものが今日は全然相関していませんでした。

普段相関しているものが今日は全然相関していない!

貴金属もほとんど一緒に動くのに、それぞれ違う動きをしていて。
ビットコインが上がっているのに、ドルが上がっている。
そして、原油はほとんど動いていませんでした。DOW JONESが下がるときは原油もだいたい下がるのに、全然動いていませんでした。

個人投資家と機関投資家のバトルは続いている

マクロ的に見てみると、世界の相場はめちゃくちゃでヘンテコなことが起こっていると思います。

もちろん、ゲームストップ(GME)もすごく上がっていて、個人投資家と機関投資家のバトルが続いています。

それだけでなく、AMCも同じようにクレイジーに動いています。

GMEとAMCは同じように動いています。

ゲームストップの空売り比率はまだ高いようです。
Redditの世界(掲示板の世界)では出来高が低い銘柄を攻撃して操作して上げようとしている人がいるので、本当にややこしくてめちゃくちゃな相場になっています。

セクターを個別に見てみる

セクターを見てみても大きな売り圧力があったところは見えなかったんです。

1つだけ懸念を持っていたのは半導体で、それ以外にエネルギーも下がっていましたが特に大きなボリュームだったわけでもないんです。

なので、今日見ていて大きなボリュームのセクターがあるわけではなく全体的に色々なものが売られていました。
これこそが危ないと思います。

特定のセクターが原因ではないので危ない!

なぜ危ないと思うかというと。

ハイテク株(QQQ)を見て9月の10%以上の下落を見ると。
その時はハイテク株が理由だったんです。
ここに売り圧力があって、その圧力がなくなって元に戻っていきました。

今回はハイテク株など特定のセクターに売り圧力があるわけではなく、全体的に売られているように見えます。
まだ、すごい売り圧力になっているわけではないですが、売り圧力が出ているということです。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

今はバブルの印がとても多く出ている

アメリカの住宅指数に関する記事を見ていると、住宅指数は久しぶりに戻ったんです。

これは少し過大評価の印かなと思いました。

他には1株当たりの利益を見るとこれも下がる傾向になっています。
この指数は今まで先行指数として役割を果たしていました。
これが下がるとなると、株式市場も下がる影響があると思います。

そして、中小企業のフローもすごいことになっています。

マーケットは安定の世界で上がりやすい

このような色々なことを見ると、株式投資に対して経験があるような人は今は売りたい、少なくとも買いたいという気持ちはあまり湧かないと思います。
Redditとかを見るとどう見てもバブルの印だと思います。
この辺を見るとマーケットは安定していません。
マーケットは安定の世界で上がりやすいんです。

短期的に気をつけるべき、誘惑に負けるな!

なので、今のようなめちゃくちゃな相場の時には僕のおすすめとしては短期的に気をつけるべきだと思います。
クレイジーな株は避けてください。
GMEとかAMCとかの動きを見て、「僕もできる!」と誘惑されるかもしれませんが50%稼ぐかも、50%無くなるかも。
破綻したらどうするの?
破綻したら取引できなくなるよ?

損は利益に比べて数倍のダメージがある

損というのは利益と比べてダメージが2倍3倍あるんです。
感情の部分もありますし、取引ができなくなるということもあるんです。
こういうギャンブルを避けるのが良いです。
ギャンブルを避けても利益は出ます。
ウォーレン・バフェットを見てください。彼はギャンブルをしていません。
そこを見て、僕のおすすめは今は現金を増やして来週は注意することが良いと思います。

長期的なおすすめ

長期投資

長期的にはいつもより現金や国債やコモディティを増やすのが良いと思います。
そして、安定するまで待つのが良いと思います。

今日も見てくれてありがとうございます。

おわりに

元動画

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です