【初心者必見】長期投資ではいくつのETFに投資する?

長期投資と短期投資の両方することをおすすめしてきた

ポートフォリオの組み合わせの仕方をいくつか伝えてきました。

簡単には長期投資にあなたの資産の7割から9割を入れて運用すること。

長期投資

そして、短期投資で3割から1割の資産を運用することをおすすめしています。

短期

資産と言うのは、生活するために必要なお金を抜いたものです。

今日話したいテーマは、長期投資についてどれくらいの銘柄を入れて分散することが良いのかを説明したいです。

今まで長期投資をするための色々なETFを紹介してきました。(【初心者でも簡単】ETF投資で老後資金ポートフォリオを作る!)
アメリカのETF(SPY)、アメリカ以外のETF(VEA)、新興国のETF(VWO)、日本のETF(1321)、香港のETF(2800)、ヨーロッパのETF(IEV)、オーストラリアのETF(VAS)、社債のETF(HYG)、ベトナムのETF(VNM)、韓国のETF(EWY)、インド(INDA)など色々なビデオを出して紹介しました。
もちろん、社債にも色々種類はありますし、コモディティも色々種類があります。

これ全部買ったらクレイジーだよ!!!と思うかもしれません。
僕が今まで紹介していたのは、全部買えという意味ではありません。
もちろん、全部を買っても分散されていて良いポートフォリオになると思いますし、買うと決めてしまえば毎月5分だけで買うこともできると思います。

ただ、S&P500に連動するETFを買って、DOW JONESに連動するETFを買うというようなやり方はおすすめしません。
なぜかというと、同じように動いてしまうからです。

ポートフォリオに入れるマックスの数の目安は?

僕がどれくらいの数をポートフォリオに入れることがおすすめかというと。
ほとんどの人は20くらいの銘柄がマックスだと思います。
20以上を管理できる人もいると思いますが、それ以上になると集中力が少し下がってしまうように思います。
これはただの経験で人それぞれだと思います。合っている答えはありません。
これが投資の素晴らしいところでもあります。

そのため、証券会社などは色々な商品を出します。

そして、重要なことは投資のやり方は人それぞれですが、投資をする時に誰にも依存しないということです。
自分で決めるんです。
ここは本当に覚えてほしいんです。

特に日本人は誰かがやっている正しいやり方というものを信じる傾向にあると思います。
頑張ればもっとお金が稼げるとかそういうものでもないんです。
投資は時々頑張らない方が効果が出る時もあるんです。
そういうような世界です。

他の世界では、正しいやり方を学んで、いっぱい時間をかけて、いっぱい頑張れば効果が出るようなものもあります。
投資はそうとは限りません。別世界です。

実際にどれくらいの数のETFを入れるべき?

実際にどれくらいの分散をするべきかということですが。

長期投資

これは、初心者と上級者でも違うと思います。

初心者だったら、3つから7つくらいで良いと思います。

中級レベルだと、7つから13つくらいでポートフォリオを構成するのが良いかもしれません。

上級レベルだと、20近くや20つ以上でポートフォリオを構成するのが良いかもしれません。

経験によって銘柄が多くても集中力が保てると思います。
今までに見た動き方などが増えるからです。
投資は慣れていくとやり方が違ってくるんです。
だから、まず試してみてください。

株について

株のETFだと15個くらい提案をしました。
この中で何を選ぶかは自分で決めるべきです。
アメリカがこれまでパフォーマンスが良かったですが、これからも良いとは全然限りません。
過去の10年間と未来の10年間は違います。
そして、日本の株も本当に必要かは僕もわかりません。

もちろん、新興国も強くおすすめします。
その中でどれを選ぶかも自分で決めてください。
ベトナム、韓国、インドネシア、インドとか色々見てみてください。
そして、旅もして見てください。これも強いおすすめです。

社債について

そして、社債の方ではAGGとかはなぜか日本ですごく人気になっていますが、チャートをよく見ると、株と一緒に下がるんです。

社債なのにコロナの時に下がりました。
安全投資のはずなのに、安全投資の動きをしていないんです。

このようなものを買ってイールドが欲しいのであれば、HYGを見ても良いかもしれません。

こちらの方がもっと動きますがイールドは高いです。

国債について

次に国債の部分に関してですが。

コロナの動きを見て安全だと思うのはTLTです。
20%くらい上がりました。
これはアメリカの長期国債です。
あなたのポートフォリオの加えるべきだと思います。

コモディティについて

最後にコモディティです。

ここはできれば僕の新しい本を読んでくれたら良いと思います。
次の本では金とかについて詳しく書いているのでぜひ読んでみてください。(下にリンクを付けておきました)

もしコモディティで1つだけ選ぶとしたらDBCかもしれません。

色々なコモディティが入っています。

そして、分散させるとしたらGLDもおすすめです。

円建てもありますが、ドル建ての方が出来高が大きいです。

他にも銀(SLV)、プラチナ(PPLT)、原油(USO)、農業商品(DBA)、金属(DBB)などもおすすめです。
できれば少しずつ全部持ってください。

毎月全部を買うというわけでなくて、スケジュールを組んで1月はこれ、2月はこれというように決めて買うというようにしても良いと思います。
だから、例えば商品を12個とか決めて給与が入る度に毎月決めたものに投資をしていくだけで良いんです。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です