テスラ vs NIO、どちらが有利なのか?

はじめに

EV!
EVメーカーにはNIOとテスラという大きな2つの会社があります。
これらのどちらに投資をするべきなのか?
解説したいです。

記事を見る

今NIOとテスラのどちらに投資をするべきなのか?という記事がありました。

パフォーマンスはテスラの方が良い

11月30日からのこの2つのパフォーマンスを見てみると。
テスラの方が50%も上がっていて、NIOは14%上がっています。
テスラはS&P500に採用されるというニュースがあり、そこに対して買う圧力が出ていました。S&P500に採用されるということは色々な商品に含まれるので自動的に買わなくちゃいけないという圧力が出るんです。

2020年1月にテスラは中国市場に参入したばかり

中国の電気自動車のマーケットシェアを見るとテスラは2020年の1月から入って来たんです。
中国の自動車メーカーの方が大きなシェアを持っています。

なぜここに注目しているかと言うと、テスラの時価総額は8.26兆ドルというとても大きな時価総額なんです。
NIOは8500億ドルでだいたいてすらの10分の1程度なんです。
そのため、時価総額的に考えるとNIOの方が有利かもしれないということが考えられます。

テスラとNIOの戦略

また、テスラとNIOでは戦略も違います。
それぞれ同じEVメーカーですが、テスラの方がカリフォルニアの規制によってEV規制のクレジットを販売することができるんです。テスラにはこの恩恵もあると思います。
しかし、NIOは中国ではクレジットの制度がないのでそのような恩恵はありません。

またテスラは創設者がイーロン・マスクで、宣伝をすることが容易です。
創設者が有名な人だと会社にとってとても有利なんです。
会社の名前のGoogle検索や株価を検索するGoogle検索の結果も自然と多くなります。

NIOはバッテリーの技術がすごいです。
はっきり言ってNIOのバッテリーはテスラのバッテリーの技術より上です。

ファンダメンタルを比べる

最後にファンダメンタル的にも2つの会社を比べてみたいです。

NIOのファンダメンタルを見ると。
NIOの方はまだ利益が出ていないのでPERが出ていません。
PBRが49.39で、PSRが32.26です。
一番重視をするべきはPSRだと思います。
グロース株はPSRを一番重視するべきだと思います。

テスラの方を見るとPSRが25.55です。PERは1200なのですが、あまり関係ないと思います。
なぜかというと、利益を出すより設備投資を優先しているからです。ここは株主もそう思っていると思います。
PBRは36.63です。

PBRもPSRも似ていますが少しだけNIOの方がテスラより高いということが見えました。

空売り比率を比べる

次に空売り比率を見てみましょう。

NIOの方の空売り比率はかなり低くなっています。
前までは高かったですが、今は低くなっています。

テスラの方は少し高くて低くないです。

だから、空売り比率を見ると短期的にテスラの方がNIOより面白く見えます。
テスラは決算をかなりミスしていたんです。そのため、空売り比率が上がったんだと思います。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

長期的なおすすめ

長期投資

僕は長期的にはどちらもおすすめはしていません。
しかし、どちらかを選ぶとしたらNIOの方がテスラより良いと思っています。
なぜかというと、テスラの時価総額はすごく上がっていました。
もちろんここから10倍にいく確率はありますが、時価総額的に金融のお金の流れ的にもうかなり世界のお金を集めてしまいました。
そのため、テスラかNIOで考えたらNIOの方が10倍になる確率はあると思います。

短期的なおすすめ

短期

短期的には両方ともおすすめしません。
株価を見ると今はNIOはモメンタム的に下がっているトレンドです。

だから、買うおすすめはできないです。

テスラもモメンタム的には下がっています。

今はEVのグロース株には少し売り圧力が出てきていると思います。
なので今は新しい資金はバリュー株に向けた方が良いと思います。

長期にも短期にも両方ともおすすめではありません。ただ、2つの中でどちらかを選ぶとしたらNIOの方が有利だと思っています。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です