世界相場はバブルなのか、ゴールドマンのレポートを解説

はじめに

世界の株式市場はバブルなのか?
ゴールドマンサックスが大きなレポートを出しました。
そのレポートでは危険なバブルはおそらく起こっていないということです。

ゴールドマンのレポートを見る

まずはレポートについて見てみましょう。
レポートでは、過去のバブルと比べて今はバブルではないと言っています。
今の相場の上昇の発生点は中央銀行です。量的緩和が起点になって上昇が起こっていると言っています。

では、バブルのサインとしてどのようなものを見るのか?
ゴールドマンはその観点としてこちらの9つの観点を上げています。

1つ目はどれくらい価格やバリュエーションが急上昇しているのか?ということです。
これに関して今はYes or Selectiveという風に回答されています。
なぜなら、ハイテク株は高いですが、全部が高いというわけではないということです。
そのため、この観点によるリスクは中位という評価をしています。

2つ目は新しいバリュエーションを付けているものはあるか?そして、そのバリュエーションは適切か?ということです。
これはビットコインなどが挙げられるので、該当するかどうかに関してはYes or Selectiveという風に回答されています。
ただ、これもリスクは限定的というように評価されています。

3つ目はどれだけ規模が小さいものに投資が集まっているのか?ということです。
これは、Yesで、リスクも高いというように評価されています。
特に今はハイテク株やビットコインなどへの投資の集中があります。

4つ目はお金の流動性のスピードがどれくらい早くて投機的、強欲的に何かを買っているのか?ということです。
こちらもYesではあるものの、リスクは中位とされています。中位としてされている理由は1年前がすごく低くて基準が低かったためということです。

5つ目は借金の多さやレバレッジの多さはどうか?ということです。
これもYesです。
上場株への投資は多いもののプライベートセクターではあまりないので限定的と評価されています。

6つ目は会社の設備投資はどうか?ということです。
これもYesです。
しかし、4番目と同じで基準が低いので上がっているということです。

7つ目は新しいテクノロジーが出ているのか?ということです。
昔の歴史を見ると新しいテクノロジーが出るとその時はバブルになりやすいです。
今はもちろんYesです。
ロボティクス、環境技術、EV、AIなど色々なものが出てきています。
そして、リスクは高いと評価されています。

8つ目は経済サイクルの終盤にいるのか?ということです。
それはNoと回答されています。
今はまだ回復途中です。
コロナショックで下がってから新しいサイクルが始まりました。

9つ目は会計に関するスキャンダルがあるのか?ということです。
これもバブルが崩壊するような時によく見かけるものです。
粉飾とかのスキャンダルが多くなるんです。
今はこれもあまりないので、Noです。

これらを全部判断してゴールドマンは今はバブルではないと結論付けています。

高橋ダンはゴールドマンの意見に同意するのか?

このレポートに僕は同意します。

マーケットは僕が見ている限り感情的な動きをしていると思います。
バリュエーションなどを見て動いているのではなく、皆が気持ち良い時に上がりやすいです。
少しだけ恐怖を持っているが未来を信じているような時に上がりやすいです。
今はそのような段階だと思います。

それがわかりやすいのはインターネットの検索だと思います。

ゴールドマンもその指標を見ていました。
上の図ではバブルという検索数のグラフを示しています。
これを見ると、今はバブルと検索される数はちゃんとあります。
そのため、恐怖がちゃんと入っているんです。
チャートを見ると、2020年の初めは低い位置にありました。
そのため恐怖が無くて強欲でした。
リーマンショックの前も低かったです。

今は相場はマインド的に強欲ではないと思います。
強欲になる時こそ本当のバブルだと思います。

そして、他に見たのはボラティリティです。
VIXというのは大きな恐怖指数です。
オプションの世界ではVIXは一番重要な1つの指数です。
S&P500の未来の変動率を測るものです。
このVIXは株価と逆に動きます。

このVIXは今18.9です。
歴史的には18.9はバブルの水準ではないです。

リーマンショックの前は11とか12とかの水準でした。
そこから段々上がり始めていました。
2017年の時にもそのような水準になり、急に上がりました。
コロナショックの前も12とか13のレベルでした。
今の水準では恐怖でも強欲でもないような水準です。
今は徐々に下がっているような段階です。
コロナショックの時に80を超えて、今は20を切って、19を切ってきたようなところです。

以前にも言いましたが、次の重要な数字は18くらいのレベルだと思います。
これがたぶん長期的に下がり続けると思います。
そして、VIXが下がっていって恐怖がなくなっていくと、株は少し上がりやすくなると思います。

だから、バブル的ではないと思っているのでゴールドマンの意見と同意です。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

長期的なおすすめ

長期投資

長期的な投資は続けてください。
もし、VIXがもう少し下がって、バブルという検索がされなくなって強欲な世界になった時には心配します。
ただ、今はまだ心配するタイミングではないので緑の部分を一番大きく持っていて大丈夫だと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です