ナスダック10%大暴騰、テク銘柄を売る時?

はじめに

NASDAQが暴騰しています。

2週間程度で10%も上昇しています。

特におすすめしたAMZNは12%上がっていて、ADBEは16%上がっています。
なので、ここを見て利益確定するべきなのか?何もするべきではないのか?アップデートしたいと思います。

直近のハイテク株をおすすめしているビデオはこちら

今から急上昇するナスダック銘柄はどれだ?

なぜハイテク株はこの2週間程度で上がったのか?

この理由は、米国債の金利です。
米国債の金利が上がり続けていて、この2,3週間は横ばいになっていました。
金利が上がっている時にはハイテク株は影響を受けます。
なぜなら、借金を多くしたりするからです。
それだけでなく、配当をあまり払わないハイテク株は米国債の金利が上がると米国債の方へ流れる傾向が強いです。

NASDAQはこれから上がり続けるのか?

NASDAQのような大きなものの動きを考える時には皆がどのように考えているのかを知ることが重要だと思います。
そして、それはポジションによってわかると思います。

ポジションを見る時には先物、ETF、CFDのどれも見ないといけないです。

ETFのポジションを見る

まず、ETFのポジションを見る時には空売り比率をよく見ます。
NASDAQのETFはQQQです。

今は18.55%で決して低くないです。
これは良い兆候だと思います。
まだ、空売りをしていて買戻しをしないといけない投資家がいるということです。

CFDのポジションを見る

次に見たいのはCFDです。

ここを見ると今は58%のショートになっています。
しかも、少し前までは70%程のロングだったんです。
こういう変化も覚えておかないといけないんです。
忘れてしまいそうだったら日記を書いてください。

CFDを見てもまだまだ空売りをしている個人投資家が多いように思います。

先物のポジションを見る

今度は先物の純投機のポジションを見ると。

今はまだ低いと思います。
一時的に下がったのは外れ値で無視して良いです。
機関投資家の方でもまだNASDAQを買う余地はあるように見えます。

AMZN、ADBEのチャートを見る

実際に僕がおすすめしたAMZNとADBEのチャートを見ると。

今は2月3日のレベルまで回復しています。
そして、次の抵抗レベルは3500や3550程度です。
そのためまだ上がる余地はあります。
RSIは日足で少しだけ高いことは高いので、少しだけ過大評価だと思います。
そして、ボリュームが順調です。
今はほとんどの銘柄のボリュームが下がっていますが、AMZNはボリュームが安定しています。

僕がおすすめしていたもう1つの銘柄のADBEはボリュームが下がっています。
RSIも少し高いです。
そのため、ADBEの方は少しだけ利益を確定しても良いかなと思います。

今は514で10月の水準まで回復しています。
チャートからは530くらいまではいけるかもしれないということも確認できます。

僕の意見

いつもの通り、投資は自己責任でお願いします。

長期的なおすすめ

長期投資

今日の内容は長期とは関係ありません。

短期的なおすすめ

短期

短期というのもデイトレというわけではありません。具体的にはいくつかの本にも書いてあるので読んでみてください。(下にリンクを付けておきました)
そして、ぜひ英語動画の方も見てください。英語の方が内容が深かったりします。(下にリンクを付けておきました)

ETFを見ても、CFDを見ても個人投資家では過大評価ではないです。
ハイテク株は特に個人投資家に人気のある商品です。
これを見ても、まだ上がる余地があるように思えます。

NASDAQが上がる余地があるとしたら、AMZNやADBEも上がる余地がまだあると思います。
特にAMZNはボリュームが安定しています。

ヘッジをする必要性は今それほどないと思います。
売るとしたらもしかしたら、ADBEを4分の1とかだけを利益確定するのは良いと思います。
AMZNの方もマインドセット的に売りたいと思うのであればそれも重要なので6分の1程度確定してもいと思います。
今は強欲になって良いタイミングだと思います。

投資で重要なのは損を早く切って、利益をできるだけ大きくするんです。
今はハイテク株はもう少し強欲になって待っても良いと思います。

今日も見てくれてありがとうございます!

おわりに

英語動画

元動画

影武者が決算を学ぶ!

決算について学び始めたのでそちらの記事です。ぜひご覧ください。
【読書記録】決算を元に投資ができるようになりたい! 営業キャッシュフローのよい会社を買えとは?

影武者が資産形成のゴールを考える!

資産形成はどこまで行えば良い? 老後資金から考える!

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去のアメリカ株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

過去の日本株に関する記事一覧

投資の基本の記事一覧

投資の基本の記事一覧

チャンネル登録はこちら

日本語チャンネル

英語チャンネル

高橋ダンさんが出版している本

以下の本が関連する書籍になります。
上から新しい順で並べています。

ぜひTwitterもフォローしてください!

いいねやリツイートいただけると励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です