確定拠出年金のパフォーマンスはどうなっているのか? 実例で公開!

はじめに

iDeco, 確定拠出年金など老後への備えをするための手段が日本では用意されています。

それを実際に使ってみるとどれくらいのパフォーマンスが出ているのか?
やってみて知った意外な注意点を書いてみようと思います!

老後までの道は長い

実際のパフォーマンスはどれくらいなのか?

ドドンっ!
現在、確定拠出年金の残高は2,195,739円になっています。
200万円越え!

私は毎月27,000円、拠出を行っています。

それが積み重なって今は拠出金累計は1,458,000円拠出しているということです。

計算をして見ると54か月拠出をしているようです。
現在、4年半継続しているということですね。
塵も積もれば山となる感がすごいです。

そして、図を見て特に気になったのが運用利回りです。

運用開始以来は18.33%のパフォーマンスで、直近1年に関しては35.37%!!!

これは、、、インデックス投資は将来リターンが5%とかに収束すると言われていることを考えると。。。。

泣ける……

いや、考えないことにします。

将来どうなるのかも見ものです。
リターンは20%に収束する!とかに変わっていてもらいたいものです(笑)

老後にはどれくらい貰えることになる?

実際に確定拠出年金への投資を続けることによって老後にどれくらいもらえるのか皮算用してみたいと思います。(ニッシッシ)

これは、、、夢

じゃじゃん!!
開始運用以来のパフォーマンスを入れてみたら、、、ん?ん?
4回くらい数えなおしました。

なんと、、、9億円越えw
これ、読み間違えてないですよね?
夢がありますねぇ。
右側の投資元本と運用収益はわけわからないことになっています。元本がもう見えない。

実際はこんなことにはならないと思います。
将来相当冬の時代が来るんでしょうね。(´;ω;`)ウゥゥ

続いて、現実的な数値で計算してみました。
3000万円越え!

これでも老後の資金としては十分ですね。

確定拠出年金は非課税になって、節税効果もあるのでやる価値は大いにあると思います!

確定拠出年金を始めてみて知った落とし穴

個人的に確定拠出年金を始めて驚いたこと。というか「そうなってるんだ」と思ったことを紹介いたします。

それは、「投資商品は何でも選べるわけではない!」ということです。
自分は会社が用意してくれている三菱UFJ銀行の確定拠出年金のプランに入っているのですが。

全部で30くらいしか投資先の商品の選択肢がありませんでした。

三菱UFJの場合の確定拠出年金で利用できる商品一覧

選択肢はそれほど多くないことがわかります。

自分は海外株式で運用を行いたかったので、MSCI世界株式というインデックスをベンチマークにしている三菱UFJ<DC>外国株式インデックスファンドというもので積立を行っています。

その落とし穴さえ知っていればとても良い制度だと思います。
おそらく、利用する銀行や証券会社によって扱っている商品は違うと思うので見比べたりして見るのも良いかもしれません。

おわりに

今回は確定拠出年金について取り上げてみました。
今のハイパーリターンは今後どうなっていくのか楽しみですね。
ずっと高いリターンのまま進んでくれることを祈るばかりです。

一緒に楽しく資産形成をしましょう!

まだ朝だ!!!

ぜひ、Twitterとかで仲良くしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です